留学で英語プラスワンを考える

  • まだまだ遅くない!社会人留学でブラッシュアップ

    • 社会人になってから身にしみて「学生時代にもっと英語の勉強をしておけばよかった」と後悔している人は多いのではないでしょうか。

      しかし、会社があるので長い休みは取れないし学生時代のように若くもないので、今から英語の習得はもう無理だと諦めている人もたくさんいます。英語を習得する1番の近道は英語が話されている国に留学することですが、まとまった休みが取れないからと言って留学を諦めてしまうことはありません。

      留学の情報もあります。

      ゴールデンウィークや夏休みを利用すれば、短期間の留学は可能です。
      たかが1、2週間でそれほど英語が上達するわけがないと思うかもしれませんが、やり方次第では英語のブラッシュアップはできないことではありません。

      短期留学をする前に、国内で自分なりの下準備は必ず必要になります。
      それは通勤電車の中での単語の暗記であったり、国内の語学学校に通うなど人それぞれですが、そういった努力を伴う留学ならば必ず意味のあるものになるでしょう。
      当然のことながら、現地にいる間は日本語を使わないようにしましょう。

      BIGLOBEニュースの新しい魅力を紹介します。

      できれば頭の中で何かを考える時でもなるべく英語で考えるようにします。そして滞在中は語学学校のレッスン以外の時間でも、なるべくネイティブと話す機会を持つように努力しましょう。

      カフェやスーパーマーケットの店員に仕事の邪魔にならない程度に話しかけてみてはいかがでしょうか。



      そうやって過ごした数週間は、現地で日本人同士でグループを作って過ごす数ヵ月よりも格段に英語力が伸びることでしょう。

      社会人として目的を持っているのならばなおさらのことです。

      そして帰国して仕事に戻った時、しっかりと英語のブラッシュアップできている自分に気づくはずです。