留学で英語プラスワンを考える

留学で英語プラスワンを考える

海外で就職を考える場合は、先ずは英語が挙げられるのは間違いないですが毎年安定した経済成長を続けるアセアン諸国で留学して現地の言葉を覚えるというひとも年々増加の傾向にあります。

もっとも人気があるのがタイで、そのほかアセアン諸国で最大の人口を擁するインドネシア、界隈ではもっとも市場的に魅力のあるベトナムで活躍している日本人を多く見かけます。

留学関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

タイへ進出する日系企業数は、東南アジア諸国の中で第1位とされ現地で就職する人が20年前から多く、物価が安く日本食レストランも多いので暮らしやすいことで知られています。


タイでの留学ではバンコクがもっとも多く、週や月単位から気軽に契約できるアパートメントやゲストハウスが市内に点在するチェンマイも人気です。


主な方法としては、マレーシア行きの航空券を買って現地で簡単に取れるところがあるので、到着後タイの観光ビザを取得します。
その後、LCCなどの格安航空券を使う、または現地でタイ行きのバスもたくさん出ていますので自身の計画によって移動します。
タイの語学学校で大きなところでは、留学ビザを取得できますが観光ビザがあることで自由に学校を選べるというメリットがあります。
60日間滞在できて、さらに30日間延長できる観光ビザが切れる場合に、近隣のラオスやカンボジアへ個人、またはツアーバスで行って再度取得するといった方法をとっているひとも多く見かけます。


留学期間を半年にめどにした場合の方法になりますが、一年といった長期で勉強したい場合は、あらかじめ学校側で留学のビザを取得するのも良いでしょう。

ジョルダンニュース!情報に対応した情報サイトです。

現地では、履歴書と職務経歴書を日本語と英語でそれぞれ用意し、人材紹介者に登録してから日・英・タイ語でのオーラル・インタビューなどがあり、自身に合った会社を紹介され面接になります。



目安としては、英語ができる人であればそれがPR材料になるのでタイ語の学習期間も短くすみます。

  • 教育の事柄

    • 留学というと、これから国際社会を考えれば増えているのが当然だとも思われますが、実は二編からの留学は減っているというのが現実です。理由はいろいろと考えられますが、留学をチャンスや将来の為と考えるよりも、安全で何もしないことを選びたいという内向きな思考によるものが多いというのが実情のようです。...

      detail
  • 教育の話

    • 社会人になってから身にしみて「学生時代にもっと英語の勉強をしておけばよかった」と後悔している人は多いのではないでしょうか。しかし、会社があるので長い休みは取れないし学生時代のように若くもないので、今から英語の習得はもう無理だと諦めている人もたくさんいます。...

      detail
  • 教育の秘訣

    • 日本以外の国で生活をしてみたいと、多くの人が一度は思ったことがあると思います。留学と聞くと、英語やその土地の言葉がしゃべれないと行けないと思っている人が多くいると思いますが、そうではありません。...

      detail
  • 初心者向き教育

    • 留学が身近になってきた最近では、社会人の留学を始め、大学の休みを使っての留学や、高校留学をする方が増えてきています。高校留学のメリットは、多感な時期の留学ですので、感受性と柔軟性に優れており、学問の吸収力と、現地の生活への適応力が高いため、すべてにおいて広い視野をもって勉学に励めることです。...

      detail